書くザトウクジラ

文字に、全振り。

生きててよかったと思えることはあるけど、死んでよかったと思えることはない

 

 生きていれば、「死んだほうがマシだ」といくらでも思うことができるし「生きてて良かった」といくらでも思うこともできる。ただし、それができるのは生きているときだけ。

 

 生きてるうちは、死にたいとかつまらない人生だとか好き勝手言っていられる。だからといって、たまたまその「死にたい」がちょっと勝ったからといって、後戻りのできない「死」を選択するのは絶対にダメだ。

 

 あなたのことを知る人すべてが大きな悲しみに包まれる。この話を聞いたあなたは、死んだときでさえ、生きているまわりのことを考えなければいけないのかとより「生きること」に対してうんざりするだろう。だが、その思いすら死んでしまえば消滅する。

 

 そういえば、「人が死んだら無になる」と最初に言った人はなかなか鋭いと思う。デスノートリュークしかり。この無になるという言い方が絶妙で、天国や地獄という場所ですらないというところ。

 

 人間の恐怖の最たるものとは、何かわからない得体の知れない無知への恐怖なのだ。この無になるという恐怖が底知れず、人が死ぬことへの歯止めになっているような気もする。

 

 いずれにせよ、生きてて良かったと思えることはあるけれど、死んでよかったと思えることはない。生と死は行き来ができない、究極の一方通行だ。どんなに辛いことがあったとしても、ちょっとずつでいいから、膨大な時間をかけてでも、冷静沈着に。

 

 しぜんと視界が広がり、見える景色も変わってくるだろう。生き急ぐ必要などない。そうしたら、不思議と時間はゆっくり流れている。そのゆっくりとした時間の中でしか気づけないこともある。