書くザトウクジラ

文字に、全振り。

花のある暮らし

 

数日前に近所のスーパーで花を買った。赤いバラと紫の小さい花々だった。そのスーパーには開店前に花屋さんが仕入れに来ているのを知っている。そんな光景をみて改めて思ったことがある。皮肉でもなんでもないんだけど、花って良い商売だなと。だって、シーズンに左右されないし、日々一定量を入荷させてさえいればいい。そしてなぜかスーパーには必ず生花のコーナーがある! 売上に関わらずだ。花の売上はどんなものかは知らないけれど、少なくとも他の客が花を買っている現場に僕は立ち会ったことがない。ないし、残念ながら明らかに売れ残っている彼らの様子をよく見る。でも、買う気もないのに、つい視線を送ってしまう商品というのは「花」以外ないし、やっぱり花ってスゴイと思うのだ。無視できない存在感がある。いい香りで鼻に訴えかけてくることある。数日前に買った花がボクのとなりにいる。それだけでいい。花のある暮らしは、ひとを優しくさせる何かがある。