書くザトウクジラ

文字に、全振り。

音声コンテンツの夢のある話を聞きました

 

 私がVOICYを聴くようになって2ヶ月が経過する。これを新しく習慣にできたこと、本当によかったと思っている。思わず人に話したくなるような話が多いし、何よりも各パーソナリティが気軽に発信しているような、肩肘張ってないアットホーム感がいい。そういえば今日更新のイケダハヤトさんの話には興奮したな。

 

 VOICYにはプレミアムリスナーという仕組みがあり、月額500円とか1000円とかを支払えば、好きなパーソナリティの限定コンテンツを聴取できる。イケダハヤトさんは、月額1000円の金額設定にされているが、プレミアムリスナーが50人程いるとのこと。そしてフォロワーは約77,000人で、毎日聴取しているアクティブリスナーは約8000人だそう。もろもろの収入をあわせると、毎月30万円程がVOICYだけで収益があるとのこと。イケハヤさんは投資家であり多くの苦労や体験をされているので、それへの対価だと思うと納得できます。

 

 あとは、イケハヤさんが音声コンテンツに関して興味深いことを言っていた。①音声は動画配信のように容姿に気を使わなくてよい点 ②リスナーの滞在時間が長いということ ③課金率が高い 以上3つ。

 

①例えばYouTubeを撮影するとなれば、部屋や身なりを一々整えなければならないという手間がある。その点、音声は車の運転中や、寝起きの布団の中でも気軽に収録&投稿が可能だ。

 

Youtubeを見ていると、好きな投稿者の動画であっても、開始数分で離脱してしまうことも珍しくない。音声は平気で20〜30分滞在してくれるのだという。ながら聴きができるうえに、動画だと本当に興味がない場合は、ながら観ることも確かに少ないと感じた。

 

③イケハヤラジオの課金率は約5%とのこと。過去に自身で運営されていたYoutubeでは考えられないほど高い課金率なのだそう。確かにYoutubeの課金といえば、実況者の生配信中にごく一部のファンが投げ銭するイメージが強い。

 

あと、彼が言っていたことの補足として

音声は、話せば話すほど話したいことがどんどん溢れてくる! とのことだ。

 

僕らブロガーにおける、書きたいことが溢れてくる!現象なのだろう。

 

これからも僕の好きな音声コンテンツとどんどん出会いたい。もちろんブログもね。以上ちょっと良いこと聞いたよ奥さん、のコーナーでした。