書くザトウクジラ

文字に、全振り。

心に響いたことだけ書く

 

心に響いたことは、書いたほうがいい。「ただ忘れない」記憶から「ずっと忘れない」記憶になるから。

 

心に響いたことを書くことは、響きやすい心をつくることでもある。

 

感受性を目に見える形にする。それが書くことだ。

 

注意しなければならないのは、同じ「書く」でも、グチや反省を書き続けてしまえば、ネガティブ脳になる。

 

いっぽう、日々の発見や生きがいを書き続けてゆけば、きっとポジティブな脳みそになってくれる。

 

心に響くことだけ書くことから始まる、セカンドライフがあってもいいじゃない。