書くザトウクジラ

文字に、全振り。

生ビールの完全上位互換はジンジャエールだ。

 

昨日スーパーで買った、ペットボトルのジンジャエール350mlの存在を今日帰宅して思い出した。テンション上がりながら、晩御飯を食べ終わると、ジンジャエールの封を開けた。シュワシュワ、スイート、ジンジャエール。生ビールを上回る優越感がそこにはあった。一気飲みが惜しいので、一杯目はいったんグラスへと注いだ。ところでジンジャエールは1907年に生まれたらしい。開発者がカナダドライとして特許をとったのが最初だとか。今調べた、間違ってたらスイマセン。とにかく、この夢の飲み物には、100年以上の歴史があることがさっき明らかになった。同じ350mlで200円と100円。価格差も甘さ差も健康差もあるというのに。生ビールの完全上位互換はジンジャエール。いくつになっても、そう思うのだ。ビール買うならジンジャを買ってけ。