書くザトウクジラ

文字に、全振り。

「もちろんでございます」は気持ち悪ぃ

 

昨夜スーツ店にある電話を入れたときのことだった。3着目のスーツの裾がほつれてきたため、再補修対応が可能かどうか確認を入れたのだ。購入時のシートが無いんですが、補修ってやってもらえますかね? と訊くと「もちろんでございますっ」と飛び跳ねるような返答がきた。電話に出てくれたのは30代前半男性店員だから余計にくるものがあった。いやそんな満々に言ってもらわなくてもだいじょーぶです。今回のような至極簡単な初歩的質問に全力で答えられた僕のほうは逆に不自然さを感じ、本音を言うとちょっぴり疲れてしまったのです。そして、もちろんでございますという言葉選びにも首を傾げてしまう。ホスピタリティここに極まれりという感じであれっ今僕ホテルに電話してる?となってしもうた。元気なのは良いことだけれど、年相応の言葉選びとイントネーションをわきまえたほうが‥と結果的に自己の内省につながったので、今回の経験は良しとする (๑•̀ㅂ•́)و✧