書くザトウクジラ

人類の幸せから、仕事の愚痴まで。

お金をかけない読書の良さに気づきました

 

使うときは月に5000円ほど読書代に割いていた。しかし、ここ数ヶ月は1000円以下であることが多くなった。新しく出た、お金がかかる新刊本ほど良いというわけでもないことに気づいたからだ。今まで積み上げてきた本や、無料で読める古典、無料で読める図書館の本も立派な知のネットワークだ。とくに、過去の自分が何年も売りに出さず、手元に置き続けている本はまさに最強だ。相棒以上の存在だ。いまの自分の判断が一番正しいか?それは恐らくない。長年の判断の風にさらされ続け、それでも生き残ったものが一番正しい。時間は、正しさを立証する一番の根拠となる。だから長年の人々の目に触れつづけてきた、それでもなお現存する古典は素晴らしい。本というより、もはやそれは薬である。