書くザトウクジラ

文字に、全振り。

受話器に罪はない

 

受話器をがちゃっと切る人にはあまり近づきたくない。私からしたら、面倒くさい電話内容だからといって、受話器に当たってるようにしか見えない。物に当たるのはやっぱり器の小さい人というイメージ。その光景を見たとき、受話器に罪はないのに…といつも思ってしまう。

 

どれだけリモートワークが広まっても、電話は無くならない。電話は目的の相手が不在のときには意味を為さないが、存在するときは意思疎通手段としてこれほどハイスピードなものはない。これからも令和以降も長いお付き合いになるテレフォーン。もっと仲良くしなければ、電話越しの相手もだし、受話器でさえもあなたから離れていく事だろう。