書くザトウクジラ

人類の幸せから、仕事の愚痴まで。

粋な祝儀袋

 

今月結婚式を挙げたこともあり、職場でご祝儀をいただいた。前部署にいた現部長からいただいた。その事実だけでもう嬉しいのに、祝儀袋の中を開けると、カラフルな虹と雲と風船が描かれたメッセージカードも入っていた。絶対あのコワモテ部長のセンスじゃない。でも微笑ましい。しかしいつぶりだろうか、手書きのメッセージをもらうのは。しかも目上の人から。内容はとてもありがたいものであった。胸にしまう言葉がまたひとつ増えたようだった。人生のふしめに送られる言葉は、どれも素敵なんだ。ほんとうに嬉しいことは、こうやって、文字にして噛み締めたくなるもの。